EXHIBITION

    9月
    23
    Living in the edge: image, video, and film エッジに生きる:写真、映像、フィルム
    9月 23 @ 11:00 AM – 9月 25 @ 5:00 PM

    【レンタルギャラリー企画展】

    Living in the edge: image, video, and film
    エッジに生きる:写真、映像、フィルム

    開催日:2022年9月23日(金)ー 25日(日)
    時 間:11:00-19:00 ※最終日:17:00まで
    主 催:鄒 林希 (ZOU Linxi, ゾウ リンシー)さま
    予約制:予約サイト https://forms.gle/ouFJcEyfpsqLZxVi8

    コンセプト
    2019年の新型コロナウイルスの発生以来、このパンデミックは次々と危機を顕在化さ
    せることになりました。 コロナがもたらしたこうした目に見えない流浪は、私たちに改
    めてウイルスそのものを超えた思考をもたらすことになったのです。
    このことを考える際に、沖縄在住の批評家であり、写真家である仲里効が提案した「
    エッジ(縁)」という概念が、国家と個人と記憶の関係を改めて問い直すきっかけにな
    るのではないでしょうか。「エッジ」は、一義的には「縁」を意味し沖縄の地理的な場
    所を連想させますが、同時に「鋭さ」や「切り口」、「ナイフ」の意味があります。そ
    れは地理的政治的な境界を示すと同時に、現状を切り開いていく契機にもなるのです
    。「エッジ」は、危機、超越的な流動性こそが、私たちの人生の本質的な状態に近いか
    もしれないと気づかせてくれます。 それは、名状しがたい緊張感をもたらすと同時に、
    抗争したり、接続したりしようとする可能性をももたらします。
    「エッジ」という概念は、在日華人の運命だけでなく、不確かで無視されている辺獄
    (リンボ)に置かれたすべての人たちのことを描いているのです。この展覧会は、中国
    出身の3人のアーティストが、写真、映像、フィルムを通して、時間と場所を超えて
    、「エッジ」にいる人々の想像力の中に、見る者をより直感的に引き込もうとするもの
    です。

    Artists
    王露 (Wang Lu)
    1989年、中国山西省生まれ。武蔵野美術大学造形学部映像学科卒業。東京藝術大学美術研究科先端芸術表現専攻修士修了。普段気がつかない時間、記憶、日常生活などを可視化し、写真メディアによって、物語や架空的なストーリなどを制作。国内外のギャラリー、美術館で発表を続けている。KG+SELECT Awards(2022) 、PortraitofJapan入賞
    (2021)、LensCultureCritics'Choice2020Award(s2020)、Reminders Photography Stronghold「COVID-19 パンデミック」公募展最優秀賞(2020)、キヤノン写真新世紀佳作受賞(2019)、1wall_写真ファイナリスト(2019)など。2022年British Journal of Photographyが選ぶ今年注目の写真家に選ばれている。主な展示「Frozen are the Winds of Time」ふげん社(東京·2021)、「Now here, Now there」Reminders
    Photography Stronghold、(東京·2020)。2020年自費で「Now here, Now there」をRPSより出版。2022年10月「Frozen are the Winds of Time」を出版する予定。

    李沐昀 (LI MUYUNリームユン)
    2000年に中国上海生まれ、2018年に来日。現在東京藝術大学先端芸術表現科学部4年在籍。高校
    時代インターナショナルスクールに通い、国際的な視野を身につける。時間芸術(タイムベースト・メディア)全般に手がけており、物語の語り部の目線から映像、映画、ラジオドラマなど中心に制作している。自らの経験を元にし、人間が共感できる人の内面の卑屈、疎外感、孤独を描写し、優しさを込めて作品化する。

    鄒 林希 (ZOU Linxi, ゾウ リンシー)
    1992年生まれ、2018年より来日。 東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科(GA)修士2年生在籍。 2014年、北京の南鑼鼓巷演劇祭のドキュメンタリーで撮影を務め、2014年には文集『To, Me』を出版。 2015年、オリジナル脚本『素雲』で清華大学最優秀オリジナル脚本賞を受賞。2020年、舞台『音とない』の文学監督を務める。在日華人における映画/映像の研究を行い、映像や現代美術にも強い関心を寄せる。現在、映像も継続的に制作している。

     

      10月
      1
      岡田 守弘 個展「 DEAD BEAR ALLIVE ! 」
      10月 1 @ 12:00 PM – 10月 16 @ 6:00 PM

      【第30回 芸工展2022 参加企画】

      岡田 守弘 個展
      「 DEAD BEAR ALLIVE ! 」
      会 期:2022年10月 1日(土)ー16日(日)
      時 間:12:00〜18:00
      休廊日:3日(月)、11日(火)

      陶製テディベアの作品展です。

      岡田 守弘  
      1994年 東京都出身
      2020年 東京藝術大学美術学部工芸科陶芸専攻卒業
      2022年 東京藝術大学美術研究科修士課程陶芸専攻修了

      【お問い合わせ】
      ギャラリー・マルヒ
      Tel 03-5832-9911(12:00〜20:00/月曜日を除く)
      Mail MARUHI@konoike.org

      ※感染予防対策の為、入場制限をさせていただきます。最大収容人数は10名様までとなります。
      ※マスク着用、手指の消毒にご協力お願いいたします。

       

        10月
        22
        栗原 莞爾 個展
        10月 22 @ 12:00 PM – 10月 30 @ 6:00 PM

        栗原 莞爾 個展
        【 光 景 – Luminescence City – 】

        会 期:2022年10月 22日(土)ー30日(日)
        時 間:12:00〜18:00
        休廊日:24日(月)

        栗原莞爾  KANJI Kurihara(1993生まれ)2022 東京藝術大学 大学院 芸術学科  修了
        自身の取材により得た、写真、デジタル画像を繰り返しコラー ジュ、絵の具の代わりに熱転写シートを用い着彩する独自の技法を用いる。繰り返し操作された画面は、レイヤーを重ねることで多層化する情報社会の複雑性を表現している。

        栗原 莞爾 KURIHARA Kanji
        2022年 東京藝術大学大学院 修了
        2018年 多摩美術大学 絵画学科油画専攻 卒業


        「都市の光景 日本橋」


        「都市の光景 -銀座-」(部分)

         

        【お問い合わせ】
        ギャラリー・マルヒ
        Tel 03-5832-9911(12:00〜20:00/月曜日を除く)
        Mail MARUHI@konoike.org

        ※感染予防対策の為、入場制限をさせていただきます。最大収容人数は10名様までとなります。
        ※マスク着用、手指の消毒にご協力お願いいたします。

        【主催・企画】
        ギャラリー・マルヒ

         

          11月
          3
          【主催・企画:gallery ayatsumugi 】 水川千春個展「根の花」
          11月 3 @ 12:00 PM – 11月 13 @ 6:30 PM

          主催・企画:gallery ayatsumugi

          水川千春個展「根の花」
          2022年11月3日(木・祝)〜11月13日(日)
          時間:12:00〜18:30
          主催・企画:gallery ayatsumugi

          gallry ayatsumugiパートナーアーティストの水川千春個展を開催します。
          2006年から「あぶりだし」に取り組み、日本各地で滞在制作を続けて8年間にもおよぶ移動生活を送り、その間にあぶりだしを独自の絵画表現として確立したことで知られる美術家・水川千春。もとは子ども達の冬場の室内遊びであるあぶりだし(炙り絵)を、水川は現在、「新たな日本画」として描き初めています。

          水で描き火で絵柄を浮かび上がらせる「あぶりだし」。水川による、水と火の表現は、研ぎ澄まされた技術により近年、より精密さと神秘性をたたえるようになってきました。焦げ跡が描く偶然性をも美として内包する「あぶりだし」の世界は、自然がつくる小宇宙のよう。絵肌であぶられた海水が、湿度変化により、時に塩の結晶となり、呼吸するかのように、浮かんだり消えたりする様子もまた、水川作品の特質です。

          今回のモチーフは会場となるギャラリーマルヒの、大正時代から残る蔵にインスピレーションを受けた「根」と、根から伸びる四季折々の花々です。

          水川は、地下水脈のように張り巡らされた根を「予感」であり「実在」であるといいます。この「根」と、根から花開く多様な「花」の姿をご覧ください。

          詳細、お問い合わせはこちらをご覧ください。
          https://www.ayatsumugi.net/nenohana

          主催・企画:gallery ayatsumugi

            11月
            19
            安田ジョージ 個展 【SUGOMORIES 2】
            11月 19 @ 12:00 PM – 11月 27 @ 6:00 PM

            安田ジョージ 個展【SUGOMORIES 2】

            会 期:2022年11月 19日(土)ー27日(日)
            時 間:12:00〜18:00
            休廊日:21日(月)

            いつか訪れたあの場所、未だ訪れたことのない場所、
            そこに存在するであろう身近な動物たちを木彫と染色布を使い制作しています。



            【お問い合わせ】
            ギャラリー・マルヒ
            Tel 03-5832-9911(12:00〜20:00/月曜日を除く)
            Mail MARUHI@konoike.org

            ※感染予防対策の為、入場制限をさせていただきます。最大収容人数は10名様までとなります。
            ※マスク着用、手指の消毒にご協力お願いいたします。

            企画・主催
            ギャラリー・マルヒ

             

              12月
              3
              グループ展【えと展 -Usagi- 】
              12月 3 @ 12:00 PM – 12月 11 @ 6:00 PM

              グループ展【えと展 -Usagi- 】

              会 期:2022年12月 3日(土)ー11日(日)
              時 間:12:00〜18:00
              休廊日:5日(月)

              来年の干支「うさぎ」をモチーフにした
              作品のグループ展を開催いたします。

              参加予定アーティスト(あいうえお順)
              與 奏⼀ (漆造形家)
              岡⽥守弘 (陶芸家)
              ⻑嶋祐成(⿂譜画家)
              中村弘峰(⼈形師)
              中村ふく(書家)
              中⾕健⼀(造形家)


              中谷健一「ARP Odyssey」

              【お問い合わせ】
              ギャラリー・マルヒ
              Tel 03-5832-9911(12:00〜20:00/月曜日を除く)
              Mail MARUHI@konoike.org

              ※感染予防対策の為、入場制限をさせていただきます。最大収容人数は10名様までとなります。
              ※マスク着用、手指の消毒にご協力お願いいたします。

              企画・主催
              ギャラリー・マルヒ
              maruhi@konoike.org
              03-5832-9911